畳でお昼寝

LINEで送る

こんにちは。

朝晩は肌寒く昼間は少し過ごしやすい季節になり、
寒さが苦手な私は、さらに朝が起きにくくなってきました。
休みの日のお昼は、子供よりも私の方がお昼寝をしたくなります。

お昼寝はソファーで横になる方が多いと思いますが、
畳でころんと横になるのもいいですよね。
最近は畳の部屋を必要ないと思う方も多いと思います。
ですが、縁側の窓から入る温かい光と、この季節の少し冷たい風が入ってくる
日本の心落ち着く和の空間でリラックスしてみるのはいかがでしょうか。


<倉坂の家>

掛布












LINEで送る

検査から検査。

LINEで送る

あま市事務所付き倉庫は
鉄骨の製品検査を行いました。
本体は木造ですがプラットホームの庇は鉄骨造で出来ています。

先ず事務所で書類による結果報告を受けた後
工場で実際の鉄骨寸法等を測りました。



継手溶接状況の確認や
超音波で溶接部の深いところに
傷が無いか確認しました。


鉄骨の寸法や傷の長さの許容範囲は
最大でも5mmとごくわずかですが、
その数ミリで建てるときにボルトが入らないなど
色々な所に影響しますので、入念な検査が必要です。


鉄骨検査後はその足で現場へ配筋検査に行きました。
230坪という広さなので一面鉄筋です。

一通りチェックすだけでもそれなりの時間を要しました。


この日は検査dayとなりました。

伊神


LINEで送る

収納

LINEで送る

こんにちは。

今週から昼間の気温も低くなり、子供の衣替えやリビングのラグなど模様替えをしました。
季節を楽しみながらインテリアや部屋の模様替えをするのが私は好きです。

私は以前子供たちに自分のものは自分で片づけられるように、収納場所を作りました。
しかし、長く続かないことが多く「何でだろう?」と子供を観察していたところ、
「子供1人ひとり、その子の性格に合う収納のしやすさに変えてあげたらいいんだ。」
と気づき、収納の仕方を変えたところ上手に片づけられるようになりました。

家でも収納が多いほうがいいと思いがちですが、その大きさが本当に必要なのか?
そこに何を入れるのか?どのような収納の仕方にするのかなど、少し考えてみると
自分の本当に欲しい収納の広さがわかるかもしれません。



掛布

LINEで送る

SDGs「強く、長持ちな住まい。」

LINEで送る

最近テレビやネットでも良く目にするSDGs。


SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)は、
「誰一人取り残さない」持続可能でよりよい社会の
実現を目指す世界共通の目標です。
2015年の国連サミットにおいて全ての加盟国が合意した
「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の中で掲げられました。
2030 年を達成年限とし、17のゴールと169のターゲットから構成されています。


目標11 持続可能な都市

万が一の地震でも家が一番安全であること、
家が命と財産を守ってくれることはとても重要です。
私たちが造る木造住宅は長期優良住宅の耐震等級3(最高)を標準としています。
耐震等級3は建築基準法(等級1)の1.5倍です。

※堀畑の家

持続可能な住まいづくりに取り組むことで、持続可能な街づくりへと繋げています。

伊神

LINEで送る

オリジナルキッチン

LINEで送る

こんにちは。

最近子供たちが進んで料理のお手伝いをしてくれるようになりました。
まだ年齢が低いので、卵を割ったり、レタスを手でちぎったりとした
かわいいお手伝いです。

最近ではキッチンに立つのは女性だけではなく、
男性もキッチンに立つことが増えてきたかと思います。
システムキッチンもよいですが、素材や収納量、高さなど自分好みに
合わせた我が家だけのオリジナルキッチンもいいですよね。


<平和町の家>

掛布

LINEで送る

豚さんと体操。

LINEで送る

一宮市事務所増築工事は
土間のコンクリートを打設しました。

1階はコンクリートに塗装をして仕上げです。
強度が出ていない状態で荷重をかけると
ひび割れの原因になるため
出来るだけ物を置かない、
人も歩かない(中に入らない)ように指示しています。
しばらくコンクリートの強度が出るまで養生期間を取ります。


一宮市事務所増築工事の現場では
朝ラジオ体操をするそうです。

この豚さんがラジオ体操を歌ってくれるそうです。
普通にラジオ体操を流すより気持ちが変わりそうですね。

伊神

LINEで送る

光と窓

LINEで送る

こんにちは。

朝晩と過ごしやすい季節になり、
朝が起きにくくなってきた掛布です。

私の家の窓際には、“ ラジオメーター ”という
光が当たると羽根車が回るインテリアを置いています。
きらきらと回りとても癒されます。



窓から入る光はメインの部屋だけではなく、
階段や玄関など他の場所にも用いると
雰囲気も変わりあたたかみのある空間になります。


<Rカベの家>

<Rカベの家>

<高道の家>

光の取り方次第で、お気に入りの空間になりそうですね。

掛布

LINEで送る

土間下は10㎝。

LINEで送る

一宮市事務所増築工事は
1階の床はコンクリート土間仕上。
その土間の下には厚さ10cmの断熱材が入っています。

ただ厚つければよいという訳ではありません。
熱貫流率(熱の伝わり易さ)が大きいと意味がありません。

適切な厚み・熱貫流率の断熱材で室内環境を快適にします。



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
朝と夜は少し涼しくなってきましたが
昼間はまだ暑い日が続きますね。

我が家では先日、妻の実家から貰った栗で
食卓に栗ごはんが出てきました。

早くも秋を感じられました。

伊神

LINEで送る

色の不思議なチカラ

LINEで送る

こんにちは。
色について調べるのが好きな掛布です。

私はコーヒーを飲むのが大好きで、
家ではお気に入りのカップがあります。

実は、コーヒーを飲んだ時に感じる味覚は、
器や容器の色によって変化するそうです。
青いカップで飲むと白や透明のカップよりも甘みを感じ、
白いカップで飲むと苦味を感じやすいそうです。

「なんでだろう?」と不思議に思いますよね。
それは白いカップで飲むと、コーヒーの苦みをイメージする
茶色が強調されるからだそうです。

部屋の配色でも寝室を白のワンカラーにするよりも、
一部に薄く明るめの青色を入れるとリラックス効果を上げ
眠りを誘う効果や子供部屋に取り入れたりすると
集中力が上がるなどの効果もあるそうです。


<平和町の家>

掛布

LINEで送る

家具のご提案。

LINEで送る

あま市事務所付き倉庫は
オフィス家具のご提案をしました。

社員の方々にも実際に座り心地を
体感して頂きました。
事務室・休憩室・打合せ室など
部屋や使う用途によっても変わってきます。

仕事の作業効率にもかかわるので
家具選びは大切です。

伊神

LINEで送る