棟上げ。

LINEで送る

関市の家の上棟を行いました。

構造も仕上げもシンプルで
ローコストな住宅です。

シンプルで快適な暮らしを是非あなたにも。


☆~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
最近の暖かい日のおかげで
野菜が大きく育ちました。



レタスが旨い!!
マヨネーズを少しつけるぐらいが最高です。

坪内

LINEで送る

杉の丸太がお出迎え。

LINEで送る

一宮市のカフェ改修工事は
丸柱の工事を行いました。

お店に入って真正面にある中央の鉄骨柱を
岐阜県産のスギの丸太で覆います。


なかなか丁度良い丸太が無く探すのに時間がかかりました。
樹齢は約80年。

製材屋さんで表面の皮を剥いで中をくり抜きます。




この状態で現場に搬入されました。


大工さんが現場で加工を施します。


そして狭い空間を縫うように柱を起こして鉄骨の柱にはめ込みます。



隙間を埋めて、


もう半分をはめ込みます。
大の大人が5人が掛かり。
かなりの重さです。



無事にはまりました。

初めは木が弓なりに反って上手くくっつきませんでしたが
大工さんがあの手この手で工夫してパッと見では
1本の丸太の柱が立っているようにしか見えないようになりました。

お店に入りまずお客さんを出迎える
立派な丸太の柱になりました。

#BNE’S MORNING CAFE

伊神


LINEで送る

床下の断熱材は厚さ6.5cm。

LINEで送る

関市の家は来週上棟を行いますので
土台と1階の床の合板を施工しました。


床下には厚さ6.5cmの断熱材が入っています。

厚みがあつくても熱貫流率(熱の伝わり易さ)が
大きいと意味がありません。

そこはしっかり計算し、適切な厚みと熱貫流率の断熱材で
室内環境を快適にします。


☆~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
どうです、この小松菜の艶。

今週末も三色丼で決まりです。

坪内

LINEで送る

天井から壁へ。

LINEで送る

一宮市のカフェ改修工事は
中央のトップライトからの自然光を活かすため
天井は張らずにルーバーを取付けます。


脚立足場が立たないところもありましたが
大工さんが板を組み合わせて巧みに足場を作りました。



長さがバラバラの板を1本ずつ順番に天井に吊っていきます。

きれいなルーバーが取付きました。

ルーバーを横から見ると
天井から湾曲した壁に繋がっていくような
デザインになっています。


本日、現場で作業をしていたら
建築主さんからドーナツの試作品を頂きました。

※モカ味
もちもちの生地とモカの風味にナッツがアクセントになり
とてもおいしかったです。
ごちそうさまでした!

#BNE’S MORNING CAFE

伊神

LINEで送る

片持ち階段。

LINEで送る

南区の家の階段を施工中です。

片持ちでスッキリとしたデザインです。

LDKの中にありますが
2階の高窓からの光で明るく圧迫感がありません。

踏む面が広く、1段の高さが低いため
とても上り易い階段です。

階段は毎日使いますので
上り易さはとても大切です。


☆~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2月に入り正月菜、小松菜、レタスが急成長です。



畑で採れた小松菜で三色丼をつくりました。

家族には大好評です。

小松菜が採れる間は
これでいこうと思います。

坪内

LINEで送る

基礎は一体打設。

LINEで送る

関市の家の基礎コンクリートを打設しました。

基礎全てを一体で打設するため
雨やシロアリの浸入を防ぎ
とても強い基礎ができます。



型枠やコンクリートの打設も1回で済むため
今流行りの時短にもなります。


☆~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
畑は冬の野菜が間もなく終わります。

今回は葉物野菜が残念でした。。。



レタスは沢山収穫できました。

3月には次の野菜を植えます。

醤油をつけて焼いた里いもが好きなので
提案してみようと思います。

坪内

LINEで送る