春を感じる。

LINEで送る

平和町の家は桜並木に面したロケーションを活かし、
毎年家の中から桜を眺めながら春を感じる事が出来ます。

各地でも桜の見ごろを迎え、
もう散り始めているところもありますが、
13日(木)に138タワーの東にある大野極楽寺公園で
花見ランチをしてきました。

舞い散る桜やたんぽぽの中でのランチは
とても春を感じる事が出来ました。
仕事の合間のちょとした息抜きになりました。

伊神

LINEで送る

家づくりの楽しみ方。

LINEで送る

家づくりの最初の楽しみは
広いリビングが欲しいな~。
書斎が欲しいな~。
大きな窓が欲しいな~。
木や自然素材を使いたいな~。
など、あーしたいこーしたいと
考えている時だと思います。

しかしこれは、この先続く毎日の
生活を考えての要望です。

そこで毎日ではなく、年に一度、年に数日など
限定期間のイベントにも目を向けて見ましょう。

年に数日咲く桜を見たい。
年に一度の花火を見たい。
月に一度大勢でBBQをしたい。
年に一度の祭りの神輿を見たい。
月に一度の満月を見たい。
などなど、より一層家づくりが楽しくなります。 坪内

<桜並木の家>


<倉坂の家>

LINEで送る

無形文化遺産。

LINEで送る

4月1日・2日は
私の地元犬山市で犬山祭がありました。
私も久しぶりに行ってきました。
江戸時代から続く犬山祭は
国の重要無形文化財に登録されていますが、
2016年12月、新たにユネスコの無形文化遺産にも登録されました。
その影響もあってかものすごい人でした。
2日間で50万人以上の人が訪れたそうです。

犬山祭といえば車山(やま)。
残念ながら笛や太鼓に合わせたからくり人形は見れませんでしたが
365個の提灯を灯した幻想的な車山は見る事が出来ました。

興味がある方は来年是非足を運んでみてください。

伊神

LINEで送る

倉坂の家。

LINEで送る

先日撮影した倉坂の家の竣工写真を
五藤久佳デザインオフィス」の
Worksに掲載しましたので、ぜひご覧ください。

倉坂の家は造作のキッチンを中心に
L型にLDKと和室があります。

キッチンからは何処でも見渡す事ができるため、
お昼寝中の子供やリビングで遊んでいる子供を見ながら、
家事が無理なく行えます。

子供が大きくなればダイニングで勉強する
子供を見ながら家事ができます。

奥様に優しい家。
子供がのびのび育つ家。
自然と人が集まり会話が生まれる家。

そんな家をぜひあなたにも。  坪内

 

LINEで送る

レゴの世界。

LINEで送る

誰でも一度は目にしたことがあるレゴブロック。
私も子供のころ、よくレゴブロックで遊んでいました。
今は自分が遊んでいたレゴで姪っ子達が遊んでいるので
今でも一緒に遊びレゴに触れる事があります。

4月1日は名古屋にレゴランドジャパンがオープンし、
話題を集めていますが
こんなものを見つけました。


レゴアーキテクチャーです。
建築のコンセプトや建築技術のほか、
世界の優れた建築スタジオによる実例を紹介する
ガイドブックが付属しているそうです。
しかも本で建築物を見て作りを学び、
それをレゴにする方法は自分で考えてねという、
まさに大人向けなレゴです。

今までにもシリーズで世界の有名な建築物のレゴが出されています。

これはフランク・ロイド・ライトの落水荘です。

大人向けのレゴ、
建築に興味がない方でも楽しめそうですね。

伊神

LINEで送る

写真撮影。

LINEで送る

28日に倉坂の家の竣工写真を撮影しました。


カメラマンが撮影中は、私も良いアングルがないか探します。

上から撮ったり下から撮ったり・・・

結構面白い写真が撮れたりします。

カメラマンの写真はもう少しお待ちください。

坪内

LINEで送る

変化と刺激。

LINEで送る

平和町の家の2階居室の天井は
屋根勾配そのままの勾配天井です。

日本では水平な天井が一般的ですが、
アメリカやヨーロッパに目を向けると、
子供室や寝室は勾配天井になっている
事が多いです。

なぜ多いのか。
それは天井に勾配などの変化をつけると、
脳の思考回路が刺激され、
物事に対し創意工夫するようになり、
子供の成長に良い影響を与えると
言われているからです。

また勾配天井は、水平な天井よりも
大きな空間となるため心が安らぎます。

そのため、寝室に用いることで、
良い睡眠が得られます。

子供室は狭くて良いと希望される方が
見えますが、ちょっとした工夫で、
子供の成長は大きく変わってきます。

伊神

LINEで送る

2020年。

LINEで送る

2020年、東京オリンピック開催の年、
建築では新築住宅の省エネ化が義務化されます。

旧基準の「次世代省エネルギー基準」は
建物の外皮(壁や窓など冷暖房する空間と外気を仕切る部位)の
断熱性能だけを対象とした基準だけでしたが、
「改正省エネルギー基準」は外皮の断熱性能に加え、
設備(冷暖房、換気、照明、給湯など)の性能も対象となります。

義務化によって基準をクリアすために
断熱材の増加や高性能の設備機器の導入などで、
建築コストの増加が考えられます。

さらに、2019年10月には消費税が増税されます。

負担ばかりが増える将来。

まだ3年、あと3年、もう3年。

今が新築するのに最適な時期なのかもしれません。

坪内

LINEで送る

拘りの調整。

LINEで送る

堀畑の家は4社の工務店からの本見積りを
建築主に提出しました。

本見積りは実施設計中の仕様変更や建築主からの要望、
見積り時の物価などによって、概算見積りとずれが生じます。

拘った分、金額調整で簡単には引けません。

どの拘りを残し、他の拘りをどうするのか。

これから家造りで最も難しい部分へと進んでいきます。   坪内

LINEで送る

貴重な体験。

LINEで送る

平和町の家は以前もお伝えしましたが
鋳物ホーロー浴槽を予定しています。

先日、実物を体験していただくために
大阪から見本を運んできてもらいました。

鋳物ホーローの詳しい説明を真剣に聞いています。

そして実際に見て、触れて、浴槽に入り、
広さや肌触りなどを体感していただきました。

形状や深さ・広さなどいくつか種類があり悩まれていましたが
家で家族会議を行い、建築主さんが一番良いと思ったものを選ばれました。


なかなか体験できる機会はないので
気持ちの良いお風呂で寛ぐ妄想を膨らませながら
私も体験させてもらいました。

伊神

LINEで送る