LINEで送る

堀畑の家の実施図面を描いていますが、
建築主の奥様の拘りはやはりキッチンです。

キッチンのショールームを見てまわっても
それぞれ良いところがあり、
グレードを上げるとコストが気になります。

そこでお勧めするのが造作キッチンです。

倉坂の家のように、奥様のキッチンの使い方に
合わせて収納の寸法を決め、
高さや、幅、奥行き、扉材なども
細かく決めることができます。


そして奥田の家のように最初は既製品でしたが
予算の関係で造作キッチンに変更したこともあります。

キッチンは永く、毎日使います。

こだわり抜いた造作キッチン、
皆さんもいかがでしょうか。

坪内

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です