秘密基地。

LINEで送る

子供の時、男の子なら一度は秘密基地に憧れ、
造ったり遊んだりしたことがるという方も多いと思います。

私も小学生の時に友達と林の中などを探索して
秘密基地を造って遊んでいました。

先日、美濃加茂市にあるカフェに行ってきました。
五藤がここに行った話をしているのを思い出し、
自宅から割と近いということもあり行ってきました。

そしてここにあるのがこれ。

ツリーハウスです。
ブランコもあり、まるで秘密基地のようで
見た瞬間ワクワクし子供の頃を思い出しました。

ガレージを計画中の山口町の家は
既設の門の横に大木があり、
それをガレージの離れのそばに移植する予定です。
打合せの際に、この大木を使ってツリーハウスが出来ると面白いですね
という話が出ていました。
やはり大人も子供も憧れがありますね。

伊神

LINEで送る

あなたを一番よく知る設計者。

LINEで送る

それはあなた自身です。

マイホームを考える前に
まず、人生の設計図(ライフプラン表)を
家族で話し合い作成しましょう。

そうすることでお金の流れ、
家族の将来の予定や夢・目標が把握でき、
おのずとマイホームを建てる時期が見えてきます。
将来の計画なので簡単にはできませんが、
自分のことは自分が一番よく知っています。

人生は計画通りにはいかない事ばかりです。
設計図は一度作成したら終わりではなく、
年に一回は家族で見直し、話し合いましょう。

マイホームの設計に限らず、
まずは何でもご相談ください。

坪内

LINEで送る

理想のガレージ。

LINEで送る

山口町の家はガレージの新築に付属して、
リビングのような離れを計画しています。

建築主さんはそこでトレーニングをしたり、
趣味の模型を飾ったり、
屋上ではバーベキューをしたいそうです。

私がもしガレージを造るなら
一人で黙々と作業や映画鑑賞が出来るスペースや
カウンターなどを造って
友人とわいわい食事やお酒を楽しめる空間にしたいですね。

皆さんはどんなガレージが理想ですか。

伊神

LINEで送る

One-story house

LINEで送る

最近、検索が増えてきた平屋の家

昔から根強い人気があります。

平屋は英語でOne-story houseと言います。
storyは「物語」の他に 「階」という意味もあります。

One-story house = 1つの階の家

マイホームは一生に一度の大きな買い物です。

家を建て、そこから家族の物語が始まり、
世代を超えて続いていく。

One-story house = 1つの物語の家

私はこっちの方がしっくりきます。

一緒に物語の土台となる家を造りませんか。

坪内

LINEで送る

温かいお風呂。

LINEで送る

9月も終わりを迎えようとしています。
朝晩は半袖では少し肌寒く感じる季節になってきました。

私の家では夏はシャワーのみで過ごしていますが
最近はお湯をはっています。
肌寒い日は温かいお湯が体にしみわたり気持ち良いですよね。

残念なのが家族で入る時間がバラバラなため
私が入るときにはお湯が冷めていることがあります。
自宅のお風呂は古いユニットバスなので
保温性が期待できません。
追い焚きで温め直せばよいのですが
経済的にも環境にも優しくはないです。

私たちの設計する家は
鋳物ホーローの浴槽をよく採用しています。

※平和町の家

この浴槽は熱伝導率の高い鋳鉄製なので、
お湯が入っている部分だけでなく浴槽自体が温まることで、
浴槽全体が体を芯から包み込むように温めてくれます。
さらに浴槽の周りには標準5mmのところ
MAX35mm断熱材が吹付けてあるため
より冷めにくくなっています。
入る時間がずれていても温かいお風呂に入れます。

現在工事中の安城の家のお風呂にも
この浴槽を採用しています。

私も自宅のお風呂を新しくするなら
鋳物ホーローにしたいですね。

伊神

LINEで送る

テーラーメイド。

LINEで送る

テーラーメイドとは
仕立て屋「taylor」に特別に仕立てて貰うこと、
または仕立てて貰った服飾品それ自体を意味する語。
和製英語であるオーダーメイド「order-made」と
同様の意味を持つ。 (Weblio辞書より)

スーツを購入する場合、量販店で購入するか
仕立て屋
に依頼(テーラーメイド)するかの
2種類があります。

テーラーメイドの場合、
身体の寸法を細かく採寸し、形状、素材、色を決め、
型紙を描き、職人に手作業で仕立てもらうため、
時間とコストがかかりますが、自分の身体に
フィットしたスーツを購入できます。

設計事務所が設計する家も
このテーラーメイドと同じで、
住む人(住む家族)の好みやライフスタイルから
間取り、素材、色などを決め、
設計図を描き、職人が建てるため、
自分にフィットした家になります。

ハウスメーカーの家は
規格化された設計、施工方法で
短期間で安価に家を購入できます。
しかし、一度規格から外れると
コストが跳ね上がります。

跳ね上がるコストで悩むのであれば、
最初から手間や時間をかけてでも、
テーラーメイドで自分たちが望む家や暮らしに
こだわるべきだと思います。

坪内

LINEで送る

避難場所。

LINEで送る

今まで長期優良住宅を多く建ててきましたが
耐震等級は建築基準法の1.5倍以上で
最高の耐震等級3で設計しています。

しかしこれはあくまで地震が来た時に建物が耐える基準です。
自然災害が起こった際、避難をしなくてはいけない場合が出てきます。
北海道地震や台風、今年は大雨による被害など
自然の脅威は年々増している気がします。

先日の台風でも私の自宅は15時頃から
次の日の午前中まで停電していました。
ガスや水道は無事だったので避難までは至りませんでしたが
電気が使えないだけでこれほど不便かと思い知らされました。
そして家族で災害時の避難場所についての話になり、
私も今まで意識したことがありませんでしたが
あまり知られていない大切なことがあります。
それは起きる災害により避難場所が異なるということです。

地震の時に学校の校舎や体育館へ行ったり、
水害の時に広い公園やグランドに行っても意味がありません。

皆さんは災害時の避難場所をご存知でしょうか。
避難場所は地域によって指定されているので
いざという時のために確認しておきましょう。

伊神

LINEで送る

敷地を読む。

LINEで送る

建築の設計には「敷地を読む」という言葉があります。

「敷地を読む」とは、プラン(間取り)を計画する前に
敷地に行って、測定はもちろんのこと、周辺の環境、
立地条件、敷地への光や風、音の入り方、敷地からの眺め、
法や規制などの設計条件を把握することです。

周辺の環境、光や風、音の入り方、敷地からの眺めなどの
敷地を読むことは皆さんにもできます。

敷地の周辺を歩いてみたり、
季節を変えて訪れてみたり、
行くたびにいろいろ発見があり、
その敷地をより理解することができます。


<平和町の家> 川沿い+桜並木


<倉坂の家> 緑地公園近く+住宅街 


<安八の家> 田園風景の中


<尾張旭の家> 住宅密集地

家を建てたい敷地がある方、
家を建てる敷地を探している方、
一緒に敷地を読みに行きませんか。

坪内

LINEで送る

街並みに調和するガレージ。

LINEで送る

以前リフォームをした山口町の家は
ガレージの新築を計画しています。

130年前の建物をリフォームした山口町の家は
岐阜市の古き良き街並みを崩さないよう設計されています。
ガレージを造るにあたり
既設の門は壊して新しく造り直します。
この昔ながらの日本の家という門構えに私も憧れるので
新しく生まれ変わるのが楽しみです。

門はもちろんのこと新築するガレージも母屋同様に
街並みに調和したデザインが求められます。
今の街並みを崩さないように、
むしろ今よりも良い街並みとなるようなデザインを心掛けます。

伊神

LINEで送る

夏の終わりの思いで

LINEで送る

小さな頃、父親に連れて行ってもらった微かな、断片的に残る記憶に「郡上踊り」があります。旅館では畳のお部屋で我々兄弟3人が思いっきり輪になってぐるぐる、ぐるぐる回って、呆れた女中さん達を横目にいつまでも、いつまでも楽しくて走り回っていた記憶があります。ひとしきり回って疲れて、表に出て父親の手に引かれて踊りの輪の中へ・・・。恥ずかしくって踊れなかったけれど、とても幻想的に心に残っています。

生歌に生演奏の音はとても儚く、昔聞いたそれと重なりとても懐かしかったです。あの時ためらって踊れなかったけれど今回は輪に入ってあの頃を懐かしみながら、しっかり踊りました。来年もまた躍らせてもらおうと思います。

五藤

LINEで送る