家づくりは人と人との繋がり。

LINEで送る

3/10(土)大安。安城の家の上棟を行いました。
週初めには雨も心配されましたが雲一つない快晴となりました。

8人の大工さんが手際よく作業を行い、夕方には建物の姿を現しました。
建築主さんも「早いですね~あっという間でした。」と話していました。
お子さんや、10年前に東刈谷の家を建てたご両親も
組みあがる様子を見に来ていました。

作業後には建物の四方に酒・塩をまいて清め、上棟の儀を行いました。


この日は建築主さん、ご両親、9人の職人さん、
工務店、設計事務所が集まりました。
数カ月に及ぶ工事期間の中で、
家づくりに関わる人たちがこれだけ一度に集まる機会はほとんどありません。
上棟は建築主さんにとっても、職人さんにとっても、
お互いがどんな人なのか知る良い機会になります。
お互いの顔が見れることで、より一層家づくりに対する思い入れや信頼関係が深まります。
これから工事が進むにつれてまだまだ様々な業種の職人さんが入ってきます。
他にも現場へは行かなくても安城の家に使われる材料をつくる人や
材料を現場に運ぶ人もいます。
これから建築主さんが数十年も暮らしていく家です。
その家にはたくさんの人の手が掛けられています。

家づくりは生活をするための箱をつくるだけでなく、
家づくりを通して人と人との繋がりや
心の豊かさも育まれていくものだと思います。

上棟おめでとうございます!

伊神

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です