蘇る記憶。

LINEで送る

先日、愛・地球博記念公園にある児童総合センターに行ってきました。



私が小学生の時にも何度か遊びに行った覚えがあります。私の子供の頃にはまだ無かったプロジェクションマッピングがあったり、色々と変わってはいますが中央の螺旋状の塔は以前からあったのを覚えています。




荷物を全て置いて手ぶらで子供たちと遊んだので私たちもいい運動になりました。
子供達も楽しそうに走り回っていました。

子供と塔を登りながら私が子供の時も同じように塔を走り回っていたな~と記憶が蘇りました。

色々な施設がある愛・地球博記念公園、今度はジブリパークへ行きたいと思います。

伊神

LINEで送る

コスモスの色。

LINEで送る

コスモスが綺麗な季節ですね。この時期、南濃の家はコスモスに包まれています。


主に秋に咲き、花の形が桜に似ていることから和名は「秋桜」です。
代表的な色はピンク色ですが様々な色があり色ごとに花言葉があります。
私が秋の花で真っ先に思い浮かぶのがピンク色のコスモスです。

ちなみに我が家ではコスモスと言えば息子たちが大好きなウルトラマンコスモスです。

今の我が家でこんなクイズを出したら、
Q:コスモスと言えば
A:ウルトラマンコスモス

Q:コスモスの色と言えば
A:青色(コスモスの花には青色は無いそうです)

家族全員がこう答えると思います(笑)

伊神

LINEで送る

2~4畳の潤いスペース。

LINEで送る

近年書斎を希望する方も増えていると思います。
一般的には2~4畳程度の広さですが用途に合わせて完全に個室とする場合や、部屋の一角にスペースを確保する場合など様々です。





書斎と言えば本が沢山あり、読書や執筆に使う部屋というイメージが強いですが
今はパソコンやゲームなどの趣味やリモートワークなどその人のライフスタイルに合わせて書斎が使われています。

個室を持たない大人にとって、何かに集中できる空間は生活に潤いを与えてくれます。

伊神

LINEで送る

親子遠足。

LINEで送る

先日、幼稚園の親子遠足に行ってきました。

大きな公園でスタンプラリーなどのレクリエーションをしたり、お弁当を食べた後は
お友達と公園で遊んだり、動物を見たりしました。
普段見ることができない仲の良いお友達と楽しそうに走り回る姿を見てなんだか嬉しくなりました。




車までの帰り道ではクラスは違いますが近所に住んでいて毎日一緒にバスに乗るお友達と二人で手を繋いで歩く姿を見てほっこりしました。


今まで話す機会が無かった親御さんとも話すことができたので充実した1日になりました。

伊神

LINEで送る

僕らのヒーロー。

LINEで送る

先日、子供たちが大好きなウルトラマンの展示会を見に、名古屋松坂屋に行ってきました。

子連れの家族だけでなく大人のお客さんも結構いたのでウルトラマン人気を感じました。
子供達は会場の最初から最後まで興奮しっぱなしでした。





会場外の松坂屋内にもいたるところにウルトラマンのパネルが置いてあり、
歩き回り探して見つけては一緒に写真を撮っていました。

帰りの車ではお土産に買ってあげたお面を早速付けてなりきっていました(笑)


帰ってからも、そして何日か経ってからも楽しかったと話しているので
子供たちはここ最近で一番楽しんでいたんだと思います。
なかなか近くでここまでの展示会はないですがまた連れて行ってあげたいです。

伊神

LINEで送る

大きな窓と防犯。

LINEで送る

リビングは大開口の窓に憧れる人もいると思います。

普段街中を歩いていると、南向き窓なのに
カーテンやレースがしてある家を沢山見かけます。

せっかくの庭が室内から見えず、空間の広がりも感じられないのはもったいないような気がしますが、それよりもやはり他人の視線が気になるのでしょうか。


※奥田の家


※平和町の家


※扶桑の家


※道路時の家

空巣の人がまず狙うのは塀や木などで内側が見えない家とカーテンが閉まっている家だそうです。
共通して言えるのは、どちらも人の目につかないという事。
最大の防犯は人の視線です。
高い塀などで空だけを眺めるのではなく、外を行き交う人や遠くの木や山や建物も一緒に眺める事で奥行きを感じることができます。

カーテンやロールスクリーンを使うのは日差しの強い時などや夜など、必要な時だけにして普段は開けておきましょう。自然と室内をきれいにしようと心掛けることもできます。

伊神

LINEで送る

遊んで学ぶ。

LINEで送る

豊田市交通安全学習センターに行ってきました。
クイズやゲームなどを体験しながら交通安全について学べる施設で、子供たちは特にミニチュアの街に夢中でした。




外には小さな町をリアルに再現したエリアがあったり、


ミニSLやゴーカートが乗れたり公園があったりと子供達も楽しそうでした。
乗り物は一人50円(豊田市民は無料)と格安だったのでゴーカートは2回乗りました。
他にも様々な種類のおもしろ自転車が無料で乗れるそうですが暑さのため9月末までお休み中という事で残念ながら乗れませんでした。いつかまたリベンジしたいです。
遊んで・学んで子供達が楽しめるこのような施設が自宅の近くにももっと欲しいなと思いました。

伊神

LINEで送る

住まいが人を創る。

LINEで送る

私たちは住まい造りのお手伝いをしています。

家に暮らす中で、リビングで寛いだり


窓から桜を眺めたり


お絵描きをしたり


畳の部屋でお昼寝をしたり


天気の良い日にはデッキで食事をしたり


家のどこにいても、家族の気配を感じられたり。

一つひとつの時間と経験が住む人の、そして子どもたちの感性を創り
豊かな人生へと繋がっていくと思います。
人が住まいを造り、その住まいが人を創る。
そんな住まい造りのお手伝いが出来ればと思っています。
土地探しや予算のご相談など、なんでもお気軽にご相談ください。

伊神

LINEで送る

見て・触れて・体験。

LINEで送る

先日、でんきの科学館に行ってきました。

まだ我が家の子供達には理解できない内容もあり、
見向きもしないものもありましたが(笑)
見て・触れて・体験して楽しそうでした。



大人も子供と楽しみながら色々と勉強になります。
家族連れが多く、思ったより多くの人で賑わっていました。
子供がもう少し大きくなったらもっと楽しめると思うのでまた連れていきたいと思いました。

伊神

LINEで送る

防災の日。

LINEで送る

9月1日は「防災の日」です。
1923年の関東大震災が起きた日に由来しています。
また、1959年9月26日の「伊勢湾台風」によって、戦後最大の被害を被ったことが契機となって、地震や風水害等に対する心構え等を育成するため、防災の日が創設されました。
愛西市ゼロメートル地帯広域防災拠点防災倉庫は伊勢湾台風の被害が最も大きかった地域に建てられました。




国民の一人一人が地震や台風などの災害について認識を深め、これに対処する心がまえを準備しようというのが「防災の日」創設のねらいです。
まずは非常用持ち出しバッグの準備や備蓄品の管理をしたり、家族で災害発生時の避難場所や連絡手段について把握したり、家具の配置を見直したりしましょう。
私もテレビで自然災害のニュースなどを見るたびに、家族で「防災グッズの準備をしないといけないね。」という話になりますが、なかなか行動に移せていないのでこれを機に準備をしたいと思います。

伊神

LINEで送る