本見積り。

LINEで送る

高道の家の本見積りが揃いました。

見積り書は工務店独自の書式で項目や数量が異なるため、
先ずは一覧表を作成します。

次に、各工務店を工事毎に金額を比較し、
明らかに金額に差がある場合は数量や
単価の確認を行っていきます。

1社だけでの見積りでは分かりづらい部分も
数社見積りをとり比較する事で明確になり、
減額案を作成する前に金額を調整することができます。

坪内

LINEで送る

稲沢市の現状。

LINEで送る

市街化調整区域をご存じでしょうか。

市街化調整区域とは、一般の人が新たに建築物を
建てることができない区域です。

堀畑の家の敷地も市街化調整区域内です。

現在、更地の状態ですが分家住宅としての
新築の許可を申請中です。

市街化調整区域は昔から土地を所有していたり
ずっとその土地に住んでいて、
子供の家を新築しようとしても許可が必要で、
市役所に申請するためとても時間がかかります。

一方で市役所ではどうしたら稲沢市の人口を増やし
発展できるのか定期的に会議が開かれています。

市域面積に対する市街化区域の占める割合は11.3%
市街化調整区域は88.7%です。

おのずと答えが見つかりそうですが難しいんでしょうか。

坪内

LINEで送る

畳の部屋の良さ。

LINEで送る

畳の部屋はとても便利です。

畳の香りや障子からの柔らかな光に包まれ、
大人にとっても心が落ち着ける癒しの空間です。

畳の部屋をキッチンの近くに配置すれば
子育てをしながら無理なく家事ができます。

将来、年をとってからはベッドで寝たいので
畳の部屋はいらないという方も少なくありません。

しかし、最近の畳は厚みが15mmと薄く
フローリングと厚みが同じなため
容易に変えることができます。

今の季節であれば庭からの風を
感じながらのお昼寝や読書が最高です。

そんな畳の部屋をぜひあなたにも。

坪内

LINEで送る

地盤補強。

LINEで送る

建物の新築する場合、
必ず敷地の地質調査を行います。
調査の結果、土地が軟弱地盤の場合は
建物の構造にあった地盤改良などを行います。
逆に調査の結果、地盤が強い場合は改良を行う必要はありません。
その他にも地盤改良までは必要が無く
ランマー転圧を行う補強方法などもあります。

平和町の家は調査の結果
全体的に良好な地盤という結果で
地盤改良ではなく砕石敷きの上ランマー転圧を行う
地盤補強を行いました。

まずは土の状態で縦横と予備転圧を4回行い、
その後砕石を敷いてからさらに縦横と方向を変えながら
4回転圧を行います。

入念な転圧を行い、安心して建物が建てられる
しっかり頑丈な地盤を造ります。

伊神

 

 

LINEで送る

パース。

LINEで送る

パースとは建築用の見取り図や透視図のことです。

パソコンを使いパース(外観・内観)を作成します。
安城の家も作成し、お見せしました。

パースは壁や天井の一部を板張りにしたイメージの作成や
外壁の色なども簡単に変えることができるため、
最終的に現場で色を決める時などにも役立ちます。

こちらが提案するもの、建築主が希望するもの、
様々な色や仕上げを沢山シュミレーションできます。

模型は建物の大きさと形をパースは色と
室内空間を把握するには最適です。

伊神

LINEで送る

並べてみる。

LINEで送る

住宅の浴室の改装工事。

壁に大理石を張る前に一度並べてみます。


石の模様(流れ)を揃えるだけで
見た目が全然違います。

石屋さんに任せるのではなく、
この一手間が空間の見栄えを左右します。 坪内

LINEで送る

平和町の家。

LINEで送る

5月5日(金)こどもの日。
平和町の家の地鎮祭を執り行いました。


天気にも恵まれ、
早朝から行いましたが
日差しが少し暑く感じるほどでした。

夢のマイホームまであと半年。
夏の強い日差しでも
快適に生活できる平和町の家、
いよいよ着工です。

伊神

LINEで送る

いい香り。

LINEで送る

GWに高山市のオークヴィレッジ内にある
結馨(ゆいか)ミュージアムで行われた
「森の香り散歩とミニ抽出器実演」に参加してきました。

結馨(ゆいか)では木から精油(アロマ)を抽出していて
着くなりニオイコブシのアロマが入ったシャボン玉がお出迎え。
(息子はずっとシャボン玉に夢中でした。。。)


先ずはテント内でクロモジとニオイコブシのアロマ抽出の実演があり、
その後、森を散歩しながら色々と話を聞きました。

やはり自然はいいですね~。
見ても、食べても、嗅いでも、聴いても、触れても
何しても体にいいんですから。          坪内

LINEで送る

立体でイメージ。

LINEで送る

現在、住宅を計画中の建築主さんに提案するために
模型を製作しました。

二次元のパースも良いですが、
模型だと建物の立体的構成がよく分かます。

建築主さんはやはり図面だけではなかなかイメージしきれません。
今回は土地が傾斜地なので高低差や
隣家との位置関係や日光の採り方などの設計意図も
模型を見ながら分かりやすくお伝えできたと思います。

建築主さんも
「かっこいいですね~!」
と仰っていました。

土地があまり気に入っていなかった
という奥さんにも気に入って頂いたようでよかったです。

伊神

LINEで送る