2月23・24日はオープンハウスです!

LINEで送る

2/23・24(土・日)の2日間で
安城の家のオープンハウスを開催します。

家づくりはどんな暮らしがしたいかを考える必要があります。
家に合わせて暮らすのではなく
暮らし方に合わせた家をつくことが大切です。

これからの暮らし方を考える
絶好のチャンスです。

「安城の家」のオープンハウス
期間:2/23・24(土・日)の2日間
時間:10:00~17:00
場所:愛知県安城市

予約制ですので、お名前、連絡先
参加人数、希望の時間をご記入の上
メールにてご予約をお願いします。

伊神

 

LINEで送る

1年。

LINEで送る

マイホームを建てる方は
20代後半から30代の方が多く、
タイミングとして、結婚や出産、
子供の進級前が多いです。

30歳の大人の1年は人生の30分の1ですが、
1歳の子供の1年は1分の1。

子供は1年で心も体も凄まじい
スピードで成長します。

そのため子供の時期はとても大切で、
自然素材に囲まれた心にも体にも
優しい環境が必要なんです。
 


<倉坂の家>

坪内

LINEで送る

足りないもの。

LINEで送る

近年、引きこもりや虐待、犯罪の低年齢化など
子供に関する問題が増えています。

原因の一つに自然とのふれあいの足りなさが挙げられます。

核家族化が進み、狭小地で敷地いっぱいに家を建てたり、
高層マンションが増えたりと自然に触れることが少なくなっています。

注文住宅でも利便性、快適性、広さに重点をおき、
庭は後回しになっています。


庭で土や草花にふれ、、虫や小鳥を観察し、
野菜や木の実を収穫することで、子供の好奇心や豊かな心を育みます。

そして子供だけではありません。
大人も水やりや草むしり、野菜や樹木を手入れし育てることは
ストレスを解消し、心と身体をよい状態で保ちます。

庭にも重点をおき、家づくりを進めてみてはいかがでしょうか。

坪内

LINEで送る

採光性+解放感+強度。

LINEで送る

住宅で吹抜けやバルコニーなどを設け、
明るく開放的な空間にしたいと考えている方もいると思います。
そんな時に役立つのがFRPグレーチングです。
繊維強化プラスチックを使用した
格子状のマス目になっている素材で、
格子から光を室内や階下に取り入れることが出来ます。

平和町の家の2階のホールにも採用しています。

そして現在、計画中の3階建ての住宅でも
3階ホールの床に採用予定ですが、
この住宅ではFRPグレーチングに専用の金物などで取付けることにより
耐震上の弱点であった吹抜けを耐震空間にしています。

採光性と強度を持ち合わせた床で
安心で快適で住みやすい空間が実現できます。

伊神

LINEで送る

家族。

LINEで送る

一つ屋根の下で暮らす家族。

仲がよい時もあれば、喧嘩したり、
一人になりたい時など様々です。

そこでお勧めなのがリビングダイニングと
斜めの位置に設けたスペースです。
 


〈高道の家では3帖ほどの畳の
 スペースを設けました〉

斜めの位置にする事でお互いが見え隠れし、
その時々の家族の距離感が保てます。

気配を感じつつ、声をかければ届く距離、
自由な気持ちになれるこの距離感が
とても心地いいんです。

坪内

LINEで送る